七五三の意味・由来〜どうして7・5・3 ⁇〜

七五三

11月15日は七五三です。今年も当店で前撮りをしてお参りに行かれる方が増えてきました😊

一般的に3歳、5歳、7歳に神社でお参りをする…というのが七五三ですが、どうして7・5・3なのでしょう?

今回は七五三の意味や豆知識を紹介したいと思います👍

 

七五三
三嶋大社でお参り

七五三とは?

七五三とは3歳、5歳、7歳の子供の成長を祝う伝統の行事です。

男の子は3歳・5歳、女の子は3歳・7歳になる11月15日に神社などにお参りに行きます。

医療が発達していなかった時代では幼い子供の死亡率がとても高く『7歳までは神の子』と言われていました。

当時は7歳まで元気に成長することが当たり前ではなかったようです…

その為に成長に伴って病気にかかりやすい3〜7歳の時期に成長をお祈りする儀式が行われていたようです。

 

七五三が3歳・5歳・7歳の意味は?

今は一括りに『七五三』と呼ばれていますが平安時代には3歳『髪置の儀』・5歳『袴着の儀』・7歳『帯解きの儀』と別々の意味を持つ行事とされていました。

  • 髪置の儀…男女関係なく生後7日で産毛を剃り3歳になってようやく伸ばし始めることができました。髪を剃ることで健康な髪の毛が生えてくるとされていたようです。

  • 袴着の儀…または「着袴(ちゃっこ)の儀」とも呼ばれ男の子が初めて正装である袴を身につける儀式です。

  • 帯解きの儀…7歳まで身につけていた紐付きの着物ではなく大人と同じように帯を締めて着るようになることをお祝いする儀式です。

このことから3歳は男女ともに、5歳は男の子、7歳は女の子のお祝いをするようになりました🌸

七五三が11月15日の理由は?

こちらは諸説ありまして、徳川家光が自身の子である綱吉の健康をお祈りした日と言われていること、

旧暦で1年の始まりの月が11月で15日は満月とされていたかとなど理由があるそうです。

 

七五三

七五三の千歳飴の意味は?

千歳という名称は「千年=長生き」という意味があり、親が子供に長寿の願いを込めて食べさせるという意味があります。

紅白の着色に、細く長い見た目も縁起が良いですよね!

袋にも松竹梅や鶴と亀などが描かれている物が多くみられます✨

 

千歳飴

三嶋創寫舘の七五三

創寫舘ではお祝いの意味を大切に、あどけなく、りりしく、ちょっぴり大人っぽく、お子様の晴れ姿をお撮りしています✨

七五三
三嶋創寫舘の七五三前撮り

当店では七五三の「前撮り」をオススメしています。

慣れないお着物を着てのお参りはお子様にとっては負担になってしまうことも…

なかなか皆さんが揃う機会もなく1日で済ませたいという方もいらっしゃいますがせっかくのお写真なのに笑顔が曇っていたら悲しいですよね😢

時間に余裕を持って焦らず撮影できるのが前撮りのメリットです🎵

撮影とおでかけで衣装を変える方もできますよ🤗

七五三の前撮りについては、七五三の撮影メニューのページ で詳しくご紹介しています。

 

まとめ

今までなんとなくお参りをしていた方もいらっしゃったかと思いますが七五三の意味・豆知識を読んで頂いて改めてお子様への成長への想いを知って頂くことができましたでしょうか😄?

  • 七五三はお子様を健康を祈り成長をお祝いする行事
  • 年齢別に髪置・袴着・帯解き…それぞれ意味を持つお祝い
  • 11月15日は徳川家光の長男の健康を祈った日
  • 千歳=千才=長生きという長寿の意味をこめた千歳飴
  • 前撮りで時間に余裕を持って最高の笑顔のお写真を🎵

「今」しかないお子様の貴重な姿を特別な形で残してあげたい…大人になっても見返すことの出来る素敵なアルバムを三嶋創寫舘で✨

ご予約お待ちしております☎️

三嶋創寫館での撮影のご予約・お問合わせ先

撮影のご予約は、電話またはホームページの問い合わせフォームから承っております。
お気軽にご相談ください。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA